朝霧

展示品
「朝霧名の由来」
霧に包まれた朝の色は
言い尽くせない趣があります。
単純な白のように思いがちですが、
木々の緑や川や海、湖の青、土の茶
紅葉の季節であれば、赤や黄色など
様々な色を霧が立ち込め
一つの空間を幻想的に表現しています。
そんなインスピレーションをこの釉から
感じとり朝霧と命名しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です