時代を超えて

おはようございます。
ランキング参加

昨日は

「弓と禅」を読み返していた。

言い回しが古いのと翻訳のためか

読みにくいところがあるが

ドイツの教授が極東の日本の精神性を

習得していく過程はとても面白かった。

弓を引くのは筋肉ではなく

射るのは自分ではなく「それ」だと

座禅や合気柔術でも同じ感覚を得られたと

置き換えながら読み進めていた。

死期を悟った筆者はほとんどの著作を

燃やしたという。

論理的に考えるドイツ人が

日本の神妙な日本の精神性

武士道を体得していくのは

私たち日本人に新たな視点を与えて

くれた。

師匠の的を見ず矢を射る描写は

息遣いや集中力が伝わってくる。

私が生まれる前に出された本だが

同じ時代に生き教授の講義を

聴きたかったと思う。

今日の「問い」

「一体?」

ランキング参加中!ポチっとm(_ _ )m

です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

相談は

tobira@frc.co.jp
までメッセージください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です