言葉を失う

おはようございます。
ランキング参加

ずっと書くのを躊躇って

いたことがある。

理由は

悪口のように聞こえないか?

自慢話に聞こえないか?

この2点が気になっていた。

必要な人がいると思い経験を

シェアしようと思う。

私には嫌いな人がいた。

ある勉強会で知り合った方で

メッセージのやりとりをしたことがある。

一月に一回開催され一月ぶりに会うと

なんだか怒っている。

話を聞くと私から返信がないことを

怒っていたそうだ。

経営者として脇が甘いんじゃないかと

批判までされ

メッセージ履歴がないだけではなく

私のことを何も知らずにものを言う

その方に失礼ではないかと

伝えたことがある。

私は相手が悪いと言えども

年長者に礼を尽くそうと

菓子折を持ち出向いたことがある。

私の中ではそこで終わっていた。

4年後

ピンと来て参加すると

その人に再会した。

当時のことを悪いと思っているのか

話しかけてきたが

何を言うのかと言えば

下世話の話を聞かれた。

以前の私であれば

木っ端微塵に叩きのめしただろう。

4年の歳月の間に私も変わったようで

先の出来事も

私に興味があるが故の怒りで

さらに礼を尽くす私のような

人に出会ったことが無く

記憶に残ったのだろう。

再会で何か言おうとし

振り絞った言葉がその言葉だった。

言葉は難しい。

今までに経験のない感情表現。

自分の非を認めること。

さらには

境涯の違いを認めること。

エゴも邪魔し言葉を失う。

物質的な成功ではなく

それ以上に尊いものがあると

私と出会う人は求めている人だろう。

経済的な成功や名声をかぶせ

優位に立とうとする人に悔しく感じる

ことが当時にはあった。

わずか数年で

こんなにも差ができてしまったのかと

自分の選び歩んだ道に確信を持たせて

もらう再会でもあった。

今日の「問い」

「矛盾?」

ランキング参加中!ポチっとm(_ _ )m

です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

相談は

tobira@frc.co.jp
までメッセージください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です