昇段試験に向け

おはようございます。
ランキング参加

昨日は

三味線の稽古だった。

2週間後の昇段試験に向け

師匠から弱点を集中的に

稽古してもらっている。

奥伝の課題曲は沢山の手があり

難しいが面白くもある。

上のツボから一気に下のツボまで

降りたり昇ったりする時に

ズレやすい。

高い音だけに目立つので注意を頂いている。

三味線の練習は頭で覚えるというより

体で覚えていくと私は感じている。

耳で音とリズムを覚え

指の動かし方は繰り返しながら習得して

いく。

忘れた曲も合奏していると

音につられ指が動き出すことがよくある。

頭で思い出そうとすると途端に引けなくなる

から不思議だ。

指を動かして音を出しているというより

音が指を動かしているように感じる。

おかしなことを言っていると思うが

学習とは違う方法で習熟していくようだ。

アスリートやアーティストが超越した

領域にいけるのは

こう言った感覚で自己を高めているから

なのだろう。

私のように遅くに習うと

頭の使い方が変わって大変なことも多いが

面白い発見がある。

時々味わう不思議な発見を楽しみに

やっていこう。

今日の「問い」

「常識の外?」

ランキング参加中!ポチっとm(_ _ )m

です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

相談は

tobira@frc.co.jp
までメッセージください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です